ホスピス事業

当社は、“医師機能のアウトソーシング”、“シェアリング病床”という新しい発想に基づいて医心館を創設しました。医心館は、慢性期・終末期の看護・介護ケアに特化し、十分な人員体制と連携体制を備えた医療施設型ホスピスです。
医療依存度が高い方のニーズにお応えし、療養環境の地域間格差の是正に貢献するため、全国各地で医心館を展開しています。

※ ホスピス事業のより詳しい説明はこちらをご覧ください。

事業化の背景とミッション

地域医療の疲弊・破綻

少子高齢多死社会の到来や国の医療政策転換、人口減少による地方の過疎化が進む中、地方の病院は多くが疲弊し、中には経営困難な状態にある事例も少なくありません。これは、日本の医療における大きな課題の一つとなっています。

そうした病院は慢性的な医師不足という共通の問題を抱えながら外来、精密検査、入院、救命救急といった様々な機能を有し、地域医療を支えています。しかし医師が足りないために過大な労働負荷となり、病院は診療機能を落とさざるを得ず経営がより苦しくなるという負のスパイラルが見られます。

地域医療の要である病院の疲弊と破綻は地域医療の破綻につながりかねません。また国全体で見ると過剰とされる病床も、二次医療圏、三次医療圏で見ると必ずしも地域で必要とされる病床が行き渡っているわけではありません。こうした医療資源の地域間格差も無視できない課題です。

創業者の柴原慶一は、研究者から事業家へ転身するに当たりこうした医療課題が近未来的にはやがてより広範な地域に及ぶと想定し、「病院再生、地域医療再生」を取り組むべきテーマとして定めました(参照:社長メッセージ)。

再生に向けた具体的な方法論として柴原が考案したのが、「医師機能をアウトソーシングした在宅型の“病床”」というアイデアです。急性期~慢性期・終末期を担う病院から医師機能をアウトソーシングして、精密検査や外来、救命救急といった諸機能を落とし、コスト負担を大幅に軽減します。そして慢性期・終末期医療ケアに特化し、十分な看護体制を保持した新しいコンセプトの施設です。医師は常駐しませんが、地域のかかりつけ医と連携して“病床”をシェアし、必要な訪問診療を提供してもらいます。

当社は、このアイデアを経営赤字に陥った地方の病床の再生スキームとして実際に適用し、経営再建に成功しました。同時に、地域でこれまでと同様に必要とされる慢性期・終末期の医療ケアニーズへの対応を維持継続するという社会的意義を実証しました。この事例を医心館第1号モデルとして確立。当社はそれ以降、地域医療の強化・再生を事業ミッションとして医心館の開設や運営を進めています。

医療ケア難民化

国は、医療を効率的に提供するため“病院完結型医療”から“地域完結型医療”への転換を推し進めています。
しかし、この制度設計に従って退院しようにも、安心して療養生活を送るための退院後の受け皿が非常に限られている方々がいらっしゃいます。人工呼吸器を外せなくなった方、神経変性疾患を患う方、終末期のがんを患う方――などの医療依存度が高い方々です。急性期病院での治療が必要ではなくなると「容態は安定した」と判断され退院を促されますが、その後も状態の急変に注意しながら24時間体制でケアが必要となります。そのために適切な退院先が見当たらないケースが少なくありません。

そのような差し迫ったニーズに応えるのが、医心館です。慢性期・終末期医療は急性期医療に比べると医師の寄与度が弱いという特性があります。病院のように医師が常駐していなくとも、かかりつけ医の定期訪問や臨時訪問で必要な医療をカバーすることが可能です。

医心館は、病棟並みの看護体制を持ちながら地域の医療関係者と密に連携することで、医療依存度が高い方々に質の高い療養生活の場を提供します。

退院後の患者の受け入れ先

コンセプト

医心館の社会的意義

患者・地域社会・医療関係者の3者全てにメリットをもたらす社会課題解決型事業

医心館は、“医師機能のアウトソーシング”、地域の医師等が集う“シェアリング病床”という発想に基づく新しいコンセプトの施設です。病院から諸機能を落として大幅なコスト圧縮を実現したモデルでもあり、過疎化が進む地方を含むニーズの高い地域に柔軟に開設し、地域特有の医療ニーズにも柔軟に対応することができます。医師機能をアウトソーシングしているので、医心館を開設しても地域の重要な“医療インフラ”である医師の配置を分散させることはありません。

当社は医心館の開設・運営を進めることで、以下のように、地域の関係者に様々なメリットをもたらします。切迫度が高い方のニーズに応え、医療の地域間格差の是正に貢献し、地域医療にとって欠かせないプラットフォームとなることを企図しています。

地域医療を支える
プラットフォームとしての医心館

医心館の特徴

  • 仕組みのイノベーションによる
    新しい形態の医療施設

    医心館は制度上、有料老人ホームに訪問看護事業所、訪問介護事業所を併設した形態を取っています。いずれも既存の制度で規定されるサービスであり、他の施設でもしばしば見られる形態です。
    では何が医心館を特徴づけているかというと、“医師機能のアウトソーシング”、“シェアリング病床”という新しい発想です。これまでにないアイデアによって既存の制度を活用しながら新しいコンセプトの施設を創設したのであり、これを“仕組みのイノベーション”と呼んでいます。
    新しい発想を具現化しサービス内容を向上させるため、当社はオペレーションの強化も重ねてきました。それが外部の医療・介護専門家からの信頼、信頼をベースとした連携につながっています。

  • 高度な看護ケアに注力した
    在宅型の“病床”

    医心館は、慢性期・終末期医療に特化して十分な看護体制を備えた在宅型の“病床”として機能しています。看護師は訪問診療の補助のほか、心身状態の観察、バイタルサインの測定、服薬管理、医療処置、口腔ケア、経管栄養管理など様々な役割を担います。急変の兆しがあれば即座に気づいて的確に対応します。こうした対応は、臨床経験豊富な看護師を揃えているからこそ可能なものです。
    なお、医心館への受け入れ可否は看護師が判断します。医療依存度が高い方の“最後の砦”として機能するため、医療の必要度が低い方については適切な他の施設をご紹介することもあります。

  • 医療・看護・介護を受けながら
    安心して暮らせる療養の場

    医心館は十分な介護体制も備えています。重度の慢性疾患や障害により思うように体を動かせない方の身体介護や生活援助を担うのが介護士です。充実した介護体制は、そうした体制を持たない病院病床との大きな違いともいえます。
    また、医心館は全室個室(名張Iを除く)であり、プライバシーが守られ、自身の生活スタイルを継続できます。医療依存度が高い方やご家族に丁寧にヒアリングし、希望に沿った暮らしを実現できるよう、全職員が一体となって工夫を重ねます。また一般的にホスピスと呼ばれる機能を持ち合わせ、最期まで責任を持って引き受けます。

Contact お問い合わせ

お問い合わせはこちら

  1. トップページ
  2. 事業紹介
  3. ホスピス事業